赤ら顔にはさまざまな種類がある

赤ら顔にはさまざまな種類がある

 

 

赤ら顔にはさまざまな種類があります。

 

顔がポッと赤くなるのはかわいいですが
顔の赤い状態があまり続くと続いてしまう
顔の状態は、人に清潔感に欠けるような
印象を与えてしまいます。

 

この困った赤ら顔は何が原因なんでしょう?

 

顔が赤くなった状態の総称を
赤ら顔」と呼びます。

 

その原因も症状も赤ら顔の
種類によってさまざまです。

 

では、どんな赤ら顔のタイプが
あるのかみていきましょう。

 

 

血管の血液で肌が赤くなって見える

 

血管が膨張してそこを流れる血液が増えたり
皮膚そのものが薄くなったりすると
通常肌の上からは見えないはずの血液が
透けて見えてしまうことがあります。

 

そのせいで顔が赤くなってしまう
ケースがあります。

 

 

 

 

人前に出ると赤くなってしまうタイプ

 

これは、「赤面症」と呼ばれるもので
緊張したりストレスを感じると、
自律神経の影響などで血管が膨張してしまい
顔が赤くなってしまうタイプです。

 

 

鼻周りや頬のあたりを中心に赤くなりやすい

もしくは、気温の変化で起きると赤くなりやすい

 

これらの症状を持つ方は、皮膚が薄いことが
原因として考えられます。

 

鼻や頬の付近は、毛細血管が
密集しているため肌が薄いと、
それらの血管が浮き出て見えがちです。

 

皮膚が薄い方は、少し血管が広がっただけでも
すぐに顔に透けてしまうので、気温の変化などの
影響を受けると赤くなりやすい傾向もあります。

 

皮膚そのものが赤くなっているケース

 

見出しの通り、皮膚が炎症を起こして
赤くなってしまっているタイプの赤ら顔です。

 

原因ごとに分けて、具体的にみていきましょう。

 

 

肌荒れによる赤ら顔

 

肌が突っ張る、肌の皮が剥ける、かぶれるなど
ちょっとした肌トラブルが原因。

 

肌が炎症を起こしてしまう、一般的な
「肌荒れ」ですが、程度によっては顔中に
強い赤みが出てしまい、
赤ら顔になってしまいます。

 

ひどいときは、粉をふくこともあります。

 

ニキビによる赤ら顔

 

赤ニキビが発生すると、炎症で皮膚が
赤くなるのはご存知のだと思います。

 

赤ニキビは、赤いに揖斐あとを残しながらも
徐々に本来の肌に戻っていくのですが
完治する前の皮膚の上に新たなニキビが
できてしまうと、そこでまた炎症を起こし
またニキビがはせ壊死してしまい
ずるずるとニキビが治らない状態が
続いてしまいます。

 

肌がいつまでも赤い状態が続くと
そのまま色素沈着してしまうので、
赤ら顔になってしまいます。

 

脂漏性皮膚炎による赤ら顔

 

皮脂の分泌が増えてしまうと、余分な皮脂が
肌の上で酸化しやすい状態をつくります。

 

それが炎症を起こして赤くなった状態。

 

毛穴が開いて赤くなるのが特徴ですが
ニキビをともなうこともあるので
そうなってしまうとますます赤みは
増していきます。

白漢しろ彩
page top