毛細血管拡張症で悩んでいる方は毎日の生活に工夫してみる

毛細血管拡張症で悩んでいる方は毎日の生活に工夫してみる

 

 

「毛細血管拡張症」で悩んでいるという方は
毎日の生活でも工夫したいことがありますよね。

 

血管の老化や自律神経の調子にも
大きく影響してくる「毛細血管拡張症」を
治していくために、日常生活から
意識して改善していくことも
必要になってきます。

 

そうすることで、毛細血管拡張症による
赤ら顔は必ず改善されていきます。

 

 

血管の老化を防ぐ抗酸化成分を摂る

 

「活性酸素」は、触れたものを強力なパワーで
酸化させてしまう老化物質です。

 

実はこの活性酸素は。肌だけでなく
毛細血管の老化にも深く関係しています。

 

 

活性酸素と血管の老化の関係

 

血管の拡張収縮を調整する働きを「内皮機能」
と言い、血管の内側に存在する「内皮細胞」が
この機能を担っています。

 

そして、そんな内皮細胞を攻撃して
傷つけているのが「活性酵素」なんです。

 

活性酵素によって攻撃を受けた内皮細胞は
しなやかさを失い、スムーズに血管の拡張収縮が
できなくなった行きます。

 

すると、顔に血液が滞り赤く見えてしまうのです。

 

 

抗酸化成分が豊富なためものを摂ろう

 

活性酸素から毛細血管を守るために
活性酸素に対抗する「抗酸化成分」の含まれた
食べ物をたくさん食べましょう。

 

抗酸化成分と、それが含まれている食べ物には
下記のようなものがあります。

  • アントシアニン

    (ブルーベリー、ブドウ、カシス、ナス)

  • ルテイン

    (ほうれん草、ブロッコリー、ケール)

  • アスタキサンチン

    (鮭、カニ、いくら)

  • ビタミンC

    (レモン、キウイフルーツ、柿、イチゴ)

  • ビタミンE

    (あん肝、うなぎ、たらこ、アボカド、アーモンド)

 

 

アルコールや刺激物は避ける

 

食べた後に汗を噴き出したり、顔に血が上る
感じがしたりするものは、毛細血管拡張症を
悪化させる要因となります。

 

下記のようなものは、摂り過ぎないように
注意してください。

  • アルコール
  • 唐辛子
  • スパイス
  • からし
  • わさび
  • こしょう

どうしても取りたい場合は、1週間に1度
程度に控え、連日摂り続けることのないように
気を付けましょう。

 

 

 

自律神経を整える

 

毛細血管の拡張収縮の指令をだしているのは
「自律神経」です。

 

そして、自律神経の調子に大きな影響を
与えているのが、「精神状態」です。

 

特に、ストレスや緊張は一気に顔の毛細血管を
拡張させる作用があります。

 

また、自律神経が乱れると、指令が上手く
いかなくなり、毛細血管が拡張したままに
なることもあります。

 

そんな自律神経を整えるために、自身のストレスを
排除して、リラックスして毎日を送れるように
することが大切です。

 

 

腹式呼吸で心のバランスを整える

 

心をリラックスさせて、バランスを整えることでも
有効な方法が「腹式呼吸」です。

 

やり方はとっても簡単で

  • 3つ数えながら鼻から吸う
  • 6つ数えながら口から吐く

これを10回繰り返しましょう。

 

この深い呼吸を繰り返すことで、横隔膜に
密集している自律神経が刺激され、
バランスが整っていきます。

 

腹式呼吸はいつでもできるので、
ふと気付いた時にどんどん実行して
いきましょう。

 

朝起きた時に「よく寝た〜!」とすっきり
起きられる時間が目安です。

 

また、なかなか寝付けない日にも
そのまま夜更かししないで、部屋を暗くして
目をつぶり横になってみましょう。

 

その状態で腹式呼吸を行えば
根に入ることができなくても自律神経の
ケアにはつながります。

 

繰り返すうちに、いつしかスッと自然に
睡眠にはいることができるはずです。

 

 

寒暖の差を少なくする

 

寒い季節には、できるだけ寒暖の差を少なく
するように努力しましょう。

 

外気に肌をさらさないように、工夫しましょう。

 

肌をカバーするために、マフラーやマスクが
役立ちます。

 

また、目の下まですっぽりかとカバー
できるタイプのネックウォーマーも便利ですね。

 

逆に、夏には顔がほてって熱く感じる場合は
うちわなどを持参して、顔を涼しく保つように
しましょう。

 

首元を冷やしたタオルなどで冷やせば
顔へ流れる血液を冷やすことができます。

 

 

最終手段としてレーザー治療も

 

医療レーザーで不要な毛細血管を壊す
毛細血管拡張症に高い効果が見込めるのが
クリニックで行うレーザー治療です。

 

レーザー治療は、美肌・シミ消し・ほくろ取り
脱毛など、さまざまな用途に使われていて
各ターゲットに合わせた波長のレーザーを
用意ることで

  • コラーゲンの生成を促進する
  • メラニン色素を破壊する
  • 毛根を破壊する

などの、狙った効果を得ることができます。

 

このレーザーを利用して、不要な毛細血管を壊し
赤みの原因を根本的に除去することが
レーザーによって毛細血管拡張症の治療です。

 

仕組みとしては、毛細血管の破壊に適した波長の
レーザーを当てると、レーザーの熱エネルギーが
血管い伝わり、毛細血管を焼き固めて凝固させる
ということです。

 

ただし、とても理想的な治療方法に思えますが
デメリットもあります。

 

デメリットとしては次の3つの点があげられます。

  • 自費診療の場合、費用が高額になる
  • 治療時の痛みがある(輪ゴムをはじいた程度)
  • 早く効果を出すために、1ヶ月ほどの

    ダウンタイムを覚悟する必要がある

施術から日常生活が送れるまで回復するのに
時間がかかる。

 

 

費用

 

一つ目の費用については、クリニックにも
よりますが、1回あたり3〜5万円が相場です。

 

また、1回で完治することはほとんどなく
3〜5回の回数が必要になるため、トータルで
10〜25万円程度の費用がかかります。

 

なお、毛細血管が皮膚から浮き出ているほど
重症な場合は、保険適用となるケースもあります。

 

 

痛み

 

痛みについては、医療レーザー脱毛を経験
したことがある人なら、その時と同じ種類の
もう少し弱い痛みぐらいです。

 

低出力にすれば痛みも少なくなりますが
その分、効果が薄れて施術回数が必要です。

 

どうしても痛みに弱い人は、追加費用を払えば
麻酔対応をしてもらえる場合もあるので
確認してみましょう。

 

 

ダウンタイム

 

ダウンタイムですが、1回あたりの効果を
高めるために高出力でレーザーを当てた場合
一時的に赤みが酷くなったり、部分で気に
赤紫色の内出血が出たりするケースがあります。

 

このようなことから、一般的には「1カ月程度」
のダウンタイムを見た方が良いでしょう。

 

また、レーザー照射後は、紫外線を浴びるのは
厳禁となります。

 

紫外線を浴びてしまうと、肌が火傷を起こしたり
酷いシミとなって色素沈着を起こしたりと
肌トラブルが起きる可能性が高くなるためです。

 

治療後は、クリニックで渡される日焼け止めを塗り
皮膚をガードしながら生活することになるので
アウトドアのレジャーに出かける直前や
紫外線の強い夏期には行わない方が良いです。

 

1ヶ月ほど室内に引きこもれる時期を
選んだ方が良いでしょうね。

 

生活上それが難しい場合は、一家の効果は
下がりますが、低出力でレーザーを行い
回数を重ねていく方法もあります。

 

 

良い主治医を探そう

 

他の方法を試したものの効果が見れず
レーザー照射を最後の手段として
希望をかけている人もいるでしょう。

 

しっかりと説明をしてくれる良い主治医を探し
メリット・デメリットを考慮しながら
納得がいく形で治療を検討していってください。

 

毛細血管拡張症で、赤ら顔になっている人は
悩みが深くなりやすい疾患です。

 

色々試したけど、結果が見えずに苦しんで
いる人もいるかもしれません。

 

しかしひとつづつ自分にできることに
取り組んでいくことで、悩みは解決します。

 

諦めずに赤ら顔のケアを始めてみましょう。

 

赤ら顔専用に開発された化粧水「白漢しろ彩」
をオススメしていまて、専門的にケア・改善する
為に開発され、実際に利用者からも
「軽減した:という人もいるようです。

 

さらに無添加で、敏感肌の人にも安心して
使えるので、最安値で購入できる
公式サイトをチェックしてみてはどうでしょう。

 

白漢しろ彩
page top