酒さや赤ら顔になりやすい人となりにくい人の違いとは?

酒さや赤ら顔になりやすい人となりにくい人の違いとは?

 

 

酒さや赤ら顔になりやすという方と
なかなか改善しないという方がいます。

 

その違いっていったいなんなのでしょう?

まず、赤ら顔や主査を簡単に分析すると
以下のようになります。

 

原因→慢性炎症(赤ら顔の始まり)→皮膚下の血管拡張(酒さ)

 

さらにいえば、慢性炎症を放置すると、
血管の拡張だけでなく、肌の色素沈着にも
つながることがあります。

 

血管拡張と色素沈着が同時に起きてしまって
いる方も多いようです。

 

なので、性格にいえば以下のような感じです。

 

原因→慢性炎症→血管拡張or皮膚の色素沈着orその両方

 

「慢性炎症」を沈める方法で比較的早い段階で効果を
実感できたのではない方は炎症の強い赤ら顔タイプの方
だったのではないかと思います。

 

血管拡張や色素沈着まで達してない方は
比較的早い段階で効果を実感できたのでは
ないかなと思うのです。

 

一方のなかなか効果が実感できない方は
血管拡張や色素沈着、もしくはその両方という方
なのではないかと考えられます。

 

例えば、炎症60、色素沈着70、毛細血管80
といった具合の赤みの方がいたとして
この状態で以下のように炎症を抑えたとしても
見た目にはそれほど大きな違いはないように見えます。

 

炎症30、色素沈着70、毛細血管80
では、目に見える効果を実感できていない方にも
見えないメリットはあるのでしょうか?

 

この流れで考えると、目に見える効果を感じて
いない方にもメリットはあるようです。

 

慢性炎症が抑えられていれば、ゆっくりとですが
肌が本来の肌色に戻ろうとしてくれます。

 

色素沈着と血管拡張は目に見えてよくなるまでに
結構時間があかかります。

 

年単位で治療を続けて見てやっと
「少し良くなったかな?」というレベル
で改善していきます。

 

 

続けていくためのコツはある?

 

思うように改善されないと、やる気をなくし
サプリを飲んだりセラミド保湿するのが
イヤになってしまいますよね。

 

結果がなかなか見えてこないと
努力するのも嫌になってしまいますよね。

 

どうやってそういった嫌なことを乗り越えて
行けばいいのかというと「自分は赤ら顔治療を
しているのではなく、健康貯金をしている」
と考えるようにしましょう。

 

「自分は少しずつ健康になっていっている」
と思うことができれば、続けることができる
というわけです。

 

実際に、かなりの健康体にもなれます。

 

例をあげるなら風をひくことがなくなりました。

 

裸でエアコンをつけっぱなしにして寝てしまうと
起きてから不調を感じることってありますよね。

 

しかし、健康貯金をすることで免疫力が上がって
体調を悪くすることがなくなりました。

 

このように「健康貯金がメインで、
赤ら顔や酒さ治療は二の次」と考えることが
できれば、続けることが苦痛にならくなるのでは
と思います。

 

 

無理なことはしないのが大前提

 

もし、数か月試してみて、「まったく効果がない
炎症もとれてきている気がしない」という方は
無理して続ける必要はないと思います。

 

効果を感じたからといって、すべての方に
効果があるとは思えません。

 

合う合わないちう個人差はあると思います。

 

合わない場合も、「自分には何が合わないのか?」
と考えられることも大事ではないかと思います。

 

柔軟に考えてみることも大事です。

 

他にも続けていくうえで、金銭的な問題が
あると思います。

 

お金の問題で続けれれないという方は
できる範囲で取り入れるというのも
良いのではないでしょうか。

 

大事なのは、無理しない範囲で根気良く
続けることではないかと思っています。

 

無理して1?2カ月だけ頑張るよりも
無理のない範囲位で1?2年と続けた方が
良いと思います。

 

肌を観察することが大事

 

定期的に肌の様子を見ることが大事です。

  • 炎症は治まっているか?
  • 色素沈着はどうか?
  • 血管の拡張は?

などです。

 

最も優先的に観察したいのは
「炎症が抑えられているのか?」
という部分です。

 

肌の色が劇的に改善されていなくても
炎症が治まってきているなら、いい方向に
進んでいると考えられます。

 

肌の様子を観察するときは、風呂上がりなど
毎回同じ条件で見られることをオススメします。

 

肌の色は気温や精神状態、洗顔からの経過時間
などで変わってきてしまいます。

 

なるべく同じ条件で観察するのが良いでしょう。

 

白漢しろ彩
page top