角質培養で丈夫な肌を作ることができる

角質培養で丈夫な肌を作ることができる

 

 

肌に赤みやピリピリとした痛みやニキビなどの
トラブルがあらわれてきたら、それは肌が
薄くなっているかもしれません。

 

肌が薄くなってしまう原因は
肌のお手入れのし過ぎ」が多いです。

 

肌トラブルを防ごうと頻繁に洗顔したり
ピーリングや毛穴パックを多用する方がいますが
これが角質層を薄くしてしまう原因になり
肌トラブルを招いてしまうことがあります。

 

お手入れのし過ぎで薄くなり角質層のバリア機能が
落ちてしまったお肌の角質層を健全に育てるために
「角質培養」という考え方が重要になってきます。

 

 

「角質培養」の基本はできるだけ何もしない

 

角質培養とは、薄くなってしまった角質細胞が
成熟するまで育つように見守り、正常な角質層の
厚みを取り戻させることで、肌のバリア機能を
正常にすることを言います。

 

角質細胞が成熟するまで育てるには
今まで与えていた刺激を与えないことです。

 

つまり最低限のケアにとどめ、できるだけ肌に
何もしないことが大事になります。

 

具体的には、化粧、洗顔、保湿、環境で
生じる刺激をできる限り少なくして、角質が正常に
育つまで見守ることです。

 

 

化粧と洗顔

 

化粧はしないことが理想ですが、
そうもいきませんよね

 

目元などにポイント置いた薄めの化粧に
してください。

 

洗顔は、手やスポンジなどでごしごしこすらない
ということはもちろんですが、使用する石鹸なども
刺激物の入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

できれば合成界面活性剤を使っている
シンプルな固形石鹸で顔を洗うことがおすすめです。

 

まちがってもスクラブ剤の入った洗顔料や
角質をそぎ落とすピーリングは使用しない
ようにしてください。

 

決して値段が高いものである必要はありません。

 

自分に合ったものを使いましょう。

 

泡立てるときは洗顔ネットなどを使い
キメの細かい泡を立てて、手で皮膚を摩擦
しないように注意しますが、泡を皮膚に乗せえて
流すだけでは不要な皮脂は落とせません。

 

皮膚の上で泡を転がすように動かし、また指の腹で
優しく洗い上げてください。

 

強くこすってしまうとシミの原因になるので
注意が必要です。

 

クレンジングも基本的にNGです。

 

石鹸で落ちる程度の化粧にして
どうしても脂が気になる場合だけ部分に
使用するようにしましょう。

 

角質培養で成熟した角質細胞が揃うと
ターンオーバーが正常になり油分や古い角質が
肌にたまらなくなるため、ニキビなどの
肌トラブルが減ります。

 

 

保湿・スキンケア

 

肌のために唯一していいことで
必ずやって欲しいことがあります。

 

それが、保湿ケアです。

 

保湿ケアには、保湿能力の高い成分が配合された
化粧水や乳液を選ぶといいでしょう。

 

保湿成分はいろいろありますが、その中でも
セラミドは角質層で水分を保持する機能とバリア機能を
になっているのが保湿成分なんです。

 

角質培養にはかかせないものなのでオススメします。

 

 

紫外線や外気温などの環境

 

紫外線対策は必ず行ってください。

 

化粧をするのであれば、SPFやPA表示のあるものを
選んだ方が良いでしょう。

 

ただし、日焼け止めやその機能のある化粧品であっても
厚塗りは肌への刺激が強いのでNGです。

 

日傘をさしたり帽子を被ったりすることで
対策するようにしてください。

 

また冬場は外気温んと室内の温度差が激しいので
衣類の脱着をマメにした方が良いです。

 

できるだけ寒暖差を和ませるように努力しましょう。

 

 

根気よく待つことも大切になる

 

買う質双培養は1?2か月で完成するものではありません。

 

そのため、この間に肌が気になることも多いと思います。

 

洗顔しても油分をある程度残すので、角栓ができて
気になってしまうこともあると思います。

 

しかし、手洗いや殺菌をしすぎると手の肌が荒れるように
角栓やいらない角質を取り切ろうとすると必要なものまで
剥がしてしまうので、肌にダメージを与えてしまいます。

 

ケアをする上で迷うことがあれば「できるだけ何もしない」
ということを基本にしてください。

 

しばらく様子を見るという習慣をつけましょう。

 

明らかにおかしいと思う症状の場合は
皮膚科を受信して、医師の指示に従った方が良いです。

 

角質培養の最中は理想の肌にはなれないかもしれませんが
健康な肌を手に入れるための大切な期間です。

 

理想の肌を手に入れるために、
根気よく取り組んでみてください。

 

 

白漢しろ彩
page top