冬に暖房の効いた部屋に入ると顔が赤くなる!

冬に暖房の効いた部屋に入ると顔が赤くなる!

 

 

冬になると、寒い外から暖房の効いた室内に入ると、顔が真っ赤になってしまい、恥ずかしい思いをした人もいると思います。

 

なぜ、冬にこんなに顔が赤くなってしまうのでしょう?

 

顔が赤くなってしまう対策を紹介しましょう。

 

 

暖房の効いた部屋に入ると顔が赤くなる原因

 

冬に、寒い外から室内に入ると、頬が真っ赤になることがあります。

 

この時、皮膚の中で何が起こっているかというと、血管は寒いところで収縮し、温かいところで拡張します。

 

しかし、寒いところと暖かいところの温度差が激しいと、皮膚の内部で血管は急激に拡張してしまいます。

 

頬が赤く染まって見えるのは、皮膚の中で拡張した血管が透けて見える状態なんです。

 

基本的に、このことで頬が赤く見えてしまいます。

 

そして、お肌が乾燥していると、余計に赤みが目立つことがあります。

 

乾燥してダメージを受けているお肌は、さ生むさが刺激になって赤くなりやすいくなってしまいます。

 

冬は寒さや感想によって肌や髪のうるおいには欠かせない働きをするセラミドが水分量を保てなくなってしまい、皮膚表面の確執がはがれやすくなってしまいます。

 

このように冬の肌へのダメージは、顔が赤くなりやすくなってしまいます。

 

 

顔が赤くならないようにするためにはどうしたら?

 

冬に顔が赤くならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まず、食生活の対策として、トウガラシやコショウなどの香辛料のたくさん効いた食事は控えた方が良いでしょう。

 

香辛料は血管を拡張させやすいからです。

 

寒い外にいるときに顔が冷気に当たると、冷やせば冷やすほど、温かい室内に入るときに顔が赤くなってしまいます。

 

寒い外にいるときには、マフラーなどで顔を覆うなどして、できるだけ冷やさないようにした方が良いでしょう。

 

寒さ対策は万全にしてから出かけましょう。

 

また、お肌の乾燥を防ぐためには、普段からの保湿ケアを怠ってはいけません。

 

赤みを防ぐために、スクラブ洗顔やゴマージュマッサージは控えた方が良いです。

 

乾燥肌や肌荒れのあるお肌には、刺激が強すぎて、さらに赤みが悪化してしまうこともあります。

白漢しろ彩
page top