赤ら顔の原因となる「毛細嫌韓拡張症」を治し美しい肌に!

赤ら顔の原因となる「毛細嫌韓拡張症」を治し美しい肌に!

 

 

「顔の赤み」を治したい、でも何をしても
なかなか改善できない。

 

そんな赤ら顔にずっと苦しんできた人に
考えてほしいのが「毛細血管拡張症」
の可能性です。

  • 頬がリンゴのように赤い
  • ちょっとした刺激ですぐに皮膚が赤くなる
  • 赤面しやすい
  • 肌だから血管が浮き出ているように見える

このような症状があるとしたら
毛細血管拡張症かもしれません。

 

もしそうであるなら、毛細血管拡張症に効く
ケアを行うことで、赤ら顔は改善されます。

 

 

毛細血管拡張症について

 

私たちの肌の下には、たくさんの毛細血管が
存在しています。

 

この毛細血管が拡張収縮することで
肌表面の温度を調節しているのです。

 

しかし、何らかの原因で、これらの毛細血管が
拡張したままになってしまうのが
「毛細血管拡張症」なのです。

 

毛細血管拡張症になると、顔が赤いままに
なったり、ひどくなると毛細血管が
浮き出て見えてしまうこともあります。

 

命にかかわるような深刻な病気では
ありませんが、見た目に目立ってしまうため
外見上の問題で本人を深く悩ませる症状です。

 

 

毛細血管拡張症の原因は?

 

毛細血管拡張症はどうして起こるのでしょう?
要因としては次のことで発症すると考えられます。

 

 

皮膚が薄い

 

も央歳血管は皮膚の階層の「真皮(しんぴ)」に
密集していて、本来はその上にある
「表皮(ひょうひ)」にカバーされています。

 

ところで、表皮が薄いと肌を守る力が弱くなり
気温や摩擦などの外部刺激を受けやすくなります。

 

すると、毛細血管の収縮のコントロールが
上手くいかなくなり、毛細血管拡張症と
なってしまうケースがあります。

 

さらに表皮が薄いと、その分真皮に存在する
毛細血管が透けて、外から赤く見えやすく
なってしまうのも大きな問題です。

 

肌に赤みが出やすい人は、皮膚が薄い
傾向にありますが、これいじょう皮膚を
薄くしないような工夫が必要です。

 

寒暖差が激しい

 

外気の寒さが厳しい地域に住んでいたリ
室内外を頻繁に行き来することが多い場合
その寒暖の差にも、毛細血管がついていけなく
なることがあります。

 

毛細血管の拡張と収縮を短時間で何度も繰り返すと
徐々に収縮する力が弱くなって、拡張しっぱなし
になってしまうことがあります。

 

北部地方では、子供のほっぺたがリンゴのように
赤くなることがあります。

 

これは寒暖差による毛細血管拡張症といえます。

 

アルコールや刺激物の摂りすぎ

 

アルコールやトウガラシ・スパイスなどの
刺激物も、毛細血管を拡張させる
動きがあります。

 

飲んだり食べたりすると、
「顔がカッと真っ赤になる」感じのするものは
毛細血管を広げてしまう作用があります。

 

なので、過剰に摂りすぎると毛細血管拡張症の
原因となってしまいます。

 

血管の老化

 

年々、肌の赤みが強くなってきた場合は
毛細血管が老化していることが考えられます。

 

若いころは十分に拡張収縮を繰り返せていたことが
加齢とともに血管が老化して、収縮する力が
弱まってしまった状態です。

 

血管が老化し収縮する力が弱まると
血流も悪くなり、どうにか必要な血液を流そうと
血管は拡張してしまいます。

 

精神的な緊張が強い

 

肌の疾患である「毛細血管拡張症」と
精神的なものに由来する「赤面症」は
根本的なものです。

 

しかし、毛細血管拡張症による赤みが
出やすい体質が引き金となって、顔の赤みを
過度に気にするようになり、結果として
赤面症になってしまうことがあります。

 

すると、ちょっとした緊張や動揺で
血管が拡張しやすくなり、さらに毛細血管拡張症が
酷くなってしまうケースもあります。

 

対人恐怖症にもつながりかねない赤面症は
とても苦しい疾患ですが、毛細血管拡張症を
治療することで赤みが気にならなくなり
赤面症も治療する場合もあります。

 

これらが、毛細血管拡張症の原因と
なってしまいます。

 

 

赤みを薄くするスキンケア

 

毛細血管拡張症をケアするときに必要なのは
「皮膚を薄くしない」という考え方です。

 

肌は、さまざまな刺激によりダメージを受けて
薄くなってきます。

 

肌に刺激を与えないように
毎日のスキンケアでは次のようなことを
気を付けましょう。

 

肌をこすらない

 

物理的に肌をこすってしまうと
肌の表面がはがれて、皮膚が薄く
なってしまいます。

 

特に、クレンジングや洗顔の時は注意が
必要です。

 

洗顔クレンジングのコツ

 

クレンジング剤や洗顔料が肌についている
状態でこすってしまうと、メイクや汚れ
だけでなく、肌の表面までこすり落として
しまうことがあります。

 

クレンジング剤は「多いかな?」と思うくらい
たっぷり使って肌への摩擦を最小限にします。

 

洗顔料はよく泡立てて、泡で転がすように
洗いましょう。

 

また、できるだけメイクの回数を減らし
クレンジングの頻度を少なくすることも
皮膚を薄くしないために大切なことです。

 

さらに普段使う洗顔料は「スクラブ入り」や
「ピーリング」のものは控えましょう。

 

本来は、肌方面の不要な確執を剥がすために
効果的ですが、肌が薄い毛細血管拡張症の人
にとっては逆効果になってしまいます。

 

化粧水のパッティングはNG

 

洗顔後にスキンケア化粧品を塗るときにも
「丁寧に優しく」を心がけてください。

 

パッティングはせず、こすらずそっと
手で抑え込むようにして塗るといいでしょう。

 

それと意外に多いのが、顔を無意識に触ったり
描いてしまう癖がある人です。

 

繊細なことですが肌の刺激になるので
意識してやめるようにしましょう。

 

 

紫外線対策をしっかりする

 

紫外線を浴びると肌はダメージを受けて
厚みのある健康な肌を生成できなく
なってしまいます。

 

一年間を通して、紫外線対策は
しっかり行いましょう。

 

外出時は、冬や曇りの日でも油断せず
日焼け止めを塗るようにしてください。

 

特に日差しが強い日は、日傘や帽子を併用して
紫外線から肌を守りましょう。

 

 

常にうるおいをたっぷり補給しておく

 

外部刺激に強い肌を作るために
欠かせないのが「うるおい」です。

 

ひたひたのうるおい膜に包まれた肌なら
同じ外部刺激を受けても、バリア機能のおかげで
ダメージを少なくすることができます。

 

洗顔後は、すぐに化粧水やクリームで
肌の中にたっぷりのうるおいを補給しましょう。

 

 

プランクトンエキス(海洋性エキス)配合の化粧水を使う

 

たっぷりうるおいを補給するために
どんな化粧水を使うのかは重要です。

 

同じ化粧水を使うなら、うるおいを補給しつつ
毛細血管拡張症のケア成分も配合されて
いるものを選びましょう。

 

血管拡張症を改善する成分として注目されて
いるのが、プランクトンエキスです。
(プランクトンエキスは「海洋性エキス」とも
呼ばれることがあります。)

 

プランクトンエキスは、海の中に生息する
微生物由来のえきすで、血管拡張症を改善
してくれる働きがあるのです。

 

実際に、短時間で赤みが軽減したという
実験データもあります。

 

赤ら顔ケアにはとても相性の良い成分です。

 

毛細血管拡張症は、見た目に目立ったしまうことで
悩みが深くなりやすい疾患です。

 

これまでにいろいろ試すけれど
すぐに結果が見えないので、苦しんでいる
人もいるかもしれませんね。

 

それでも一つずつ自分にできることから
取り組んでいくことが、その悩みが解決
できる日は来ます。

 

諦めずに赤ら顔毛を始めてみましょう。

 

 

白漢しろ彩
page top