紫外線アレルギー 顔 原因 ケア方法

紫外線アレルギーが顔に出た時の原因や対とケア方法は?

 

「紫外線アレルギー」ってご存知ですか?

 

外出から帰ってくると、顔にぶつぶつ吹き出物やかゆみがでることがありませんか?

 

今まではこんな事なかったのに
という疑問を感じる方は多いはずです。

  • 体調が悪いのかな?
  • 化粧品が合わないのかな?

などと考える方も多いのですが、もしかしたらその肌荒れは「紫外線アレルギー」かもしれないんです。

 

特に大人の女性は、ある日突然、顔にだけかゆみや発疹などが現れることも多いのです。

 

顔に出る紫外線アレルギーの症状や原因、化粧品はどのように使えばいいのか紹介していきます。

紫外線が顔に出る症状や原因は?

 

ある日、外から帰ってくると下記のような症状が現れたことはありませんか?

  • 顔が赤くはれる
  • おでこやあごなど顔にぶつぶつと湿疹が出る
  • 顔がかゆくなる
  • 目が充血する
  • 目に異物感がある
  • 頭痛、発熱がある
  • 吐き気をもよおす

もしこのような症状が、日光を浴びるたびに発症した場合は、紫外線アレルギー(日光アレルギー)を疑った方がいいかもしれません。

 

今まで発症していなくても、突然発症することも多いのです。

 

子供の頃や学生時代に運動をしていて紫外線を浴びていても突然発症することがあります。

 

なぜ突然、紫外線アレルギー反応は出てしまうのでしょう?

 

 

紫外線アレルギーが発症する原因とは?

 

紫外線アレルギーだけでなく、アレルギーの発症はある日突然起こることが多いのです。

 

アレルギー反応は、紫外線や外的要因で請けた体のダメージをもとに戻そうとする免疫反応が過剰に起こる症状のことなんです。

 

またアレルギー反応は、すぐに過剰反応するわけではなく、長年にわたって蓄積され身体が持っている「抗体」が一定量(限界量)を超えると引き起こされます。

 

紫外線を浴びると体の免疫機能が反応して抗体を作ります。

 

さらに紫外線を浴び続けると、抗体が容量を超えて、紫外線に当たると過剰反応を起こしてアレルギー反応を発症します。

 

ある日突然アレルギー反応が出てしまうのは、身体の中の抗体が容量を超えてしまったためなんです。

 

ただし、身体にアレルギー要因を持っていない人は、抗体を作りだすことがないので、アレルギー反応は発症しません。

 

そのほかに紫外線アレルギーを発症させる要因があるので紹介します。

 

 

薬を服用していた

 

紫外線アレルギー発症する原因の一つに、現在薬を使用している方も含まれる場合があります。

 

薬の中に光毒性のものが含まれている場合もあり、日光を浴びることによって反応し、紫外線アレルギーが引き起こされることがあります。

 

薬の副作用をしてる方は、医師に相談して服用をやめるか、他の薬に変えてもらう方がいいと思います。

 

 

食べ物

 

柑橘類(レモンやオレンジなど)やアワビ、キャベツ、セロリなどを食べることで発症してしまうこともあります。

 

 

ダイエット

 

アレルギーが発症する原因の一つに「過剰なダイエット」を行っている方も、紫外線アレルギーが発症しやすいといわれています。

 

 

病気

  • アルコール性肝障害
  • C型肝炎
  • ペラグラ

などの病気の場合は、紫外線アレルギーが発症しやすいといわれています。

 

化粧品や日焼け止めを使っても大丈夫?

 

紫外線アレルギーは、顔だけでなく全身に症状が出てしまうことが多いんです。

 

しかし、大人の女性だけに紫外線アレルギーが発症する場合もあります。

 

それは、紫外線対策として、「ファンデーションを厚めに塗る」「いろんな種類の化粧品を使っている」などの対策がかえってお肌の状態を荒れさせてしまうことによって起こることもあります。

 

紫外線アレルギーなどの症状がでている時は、基本的に保湿をしっかりと行い、化粧などをしないことがお肌への負担も少なくなるのでいいのですが、実際にはそうはいきませんよね。

 

なので、お肌へんお負担の少ない化粧品を選ぶことがポイントになります。

 

普段は問題なくても、紫外線アレルギーが発症しているときは、お肌は非常に敏感になっています。

 

配合成分が多い化粧品は、弱っているお肌には普段以上に反応してしまうことがあるので、かぶれや発疹などの症状がでてしまうこともあります。

 

また、アレルギー反応がでているときは、いろんな種類の化粧品や美容液は使用しないで、ピーリングなども控えてシンプルなケアを心がけましょう。

 

保湿成分の高い化粧品を使うことが重要で、お肌がカサカサと乾燥しているときは、外からの刺激に対して弱くなってしまいます。

 

アレルギーなどの敏感肌になっている場合は「セラミド」が含まれているものを選ぶことがおすすめです。

 

そして、刺激の少ない化粧品を選ぶことが大事で、ニキビやお肌の延焼を抑えたり、活性酸素を抑えたり、さまざまな美容効果が期待でいるのが「ビタミンC誘導体」です。

 

「ビタミンC誘導体」は皮脂の分泌量をコントロールするため、さらに肌荒れ、乾燥を悪化させてしまうこともあるので、アレルギー症状がでているときは使用を控えましょう。

 

また、アルコールが配合されている場合も種類や配合量によって、肌に刺激をあたえるので控えるか、パッチテストなどで確認してから使用することをおすすめします。

 

日焼け止めと化粧水で対策!

 

紫外線対策として非常に有効なのが、日焼け止めを塗ってお肌をケアすることです。

 

しかし、日焼け止めにも注意が必要で、高い紫外線カット率を誇る「紫外線吸収剤(ケミカル)」を使用すると、お肌への負担がかかり症状が悪化してしまうことがあります。

 

なので、紫外線アレルギーの症状や肌荒れ、敏感肌の場合は「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」を使用することをおすすめします。

 

しかし、「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」は「紫外線吸収剤(ケミカル)」に比べて、紫外線カット率が低いので、紫外線対策グッズを併用するといいでしょう。

 

紫外線アレルギーは、突然発症することが多いのですが、一番の対策は日光に当たらないことです。

 

外出するときは、日焼け止めなどを塗ることと、日傘や帽子などの日焼けグッズを併用することで、より効果が高まります。

 

そして、早い段階からのお肌ケアをしっかりすることが大事になってきます。

 

白漢しろ彩
page top