赤ら顔を改善するための化粧品の選び方

赤ら顔を改善するための化粧品の選び方

 

 

炎症のように肌が赤くなってしまい
あまり人前に出たくなくなってしまうのが赤ら顔。

 

スキンケア次第では改善することもできますが
具体的にどのような化粧品を選べばいいのか
解説していきましょう。

 

 

血管が広がるのを抑える化粧品

 

人前に出ると赤くなったり、気温の変化で
赤くなりやすい方は、血管が広がりやすい
体質だと思われます。

 

ビタミンKは、血管に詰まった栓をとりのぞき
けっかんの流れをスムーズにしてくれる
役割があると言われています。

 

血管がスムーズに流れなければ
血管が広がりにくくなるので、赤ら顔の改善
にも期待できるのです。

 

最近は、赤ら顔専用の化粧品もあります。

 

その多くは、このビタミンKを配合
しているものが多いです。

 

化粧水やクリーム、美容液などさまざまな
化粧品が展開されていますが、同じビタミンK
のはいった化粧品でも、メーカーや配合成分
によって、その性質や使用感が異なってきます。

 

自分に合ったものを見つけることが大切になります。

 

合わないにもかかわらず「ビタミンK配合だから」
という理由だけで強引に使っていると
肌が炎症を起こし、赤みがますます強くなって
しまうことがあります。

 

一つのものに固執しないということも大事なことです。

 

 

炎症を抑えるのに効果的な化粧品

 

皮膚の炎症による赤ら顔を抑えるためには
ビタミンC誘導体が配合されている化粧水が
効果があると言われています。

 

ビタミンC誘導体とは、抗酸化作用のある
ビタミンCを肌に浸透させやすくする成分です。

 

具体的には、リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na
リン酸アスコルビン酸Naなどと成分表記
されているものが、ビタミンC誘導体になります。

 

ビタミンC誘導体は、クリームなどに入っている
こともありますが、化粧水に入っているものの方が
肌に吸収が良いと言われています。

 

なので、肌荒れ、ニキビ、脂などによる肌の炎症による
赤ら顔の場合、ビタミンC誘導体入りの
化粧水を選ぶことをオススメします。

 

 

最初にトラブルを解決することを優先する

 

赤ら顔のほとんどの場合が、皮膚が薄くなっていたリ
炎症を起こしていたリと、肌トラブルが起こすケースが
多いと言われています。

 

ビタミンKの化粧品やビタミンC誘導体入りの
化粧水も良いのですが、まずは赤ら顔の原因を作っている
トラブルを解決すること優先です。

 

赤ら顔になるまでに炎症が起きてしまうということは
肌が激しく弱っているという証拠なんです。

 

肌が弱っていればニキビやかぶれなどのトラブルを
起こしやすくなってしまいます。

 

治ってはまたトラブル、治ってはトラブルを
繰り返していくうちに、ズルズル肌が赤くなってしまいます。

 

今使っている化粧品の中に、肌に合って
いないものがあるかもしれません。

 

刺激に弱い肌の状態なので、あまりいろんな成分が
含まれた化粧品を塗るのはやめて、肌を守るための保湿と
紫外線ケアを優先して、美白などそのほかの対策は
トラブルが治まってからケアしていくようにしてください。

 

 

白漢しろ彩
page top