赤ら顔をメイクで隠す知らなきゃ損することとは?

赤ら顔をメイクで隠す知らなきゃ損することとは?

 

 

赤ら顔に悩む方の中には「メイクをしない方が
良いのでは?」と考えている方もいると
思いますが、真相はどうなんでしょう?

 

また、メイクをするなら赤ら顔はどうやって
隠したらいいのでしょうか?

 

 

赤ら顔に負担にならないメイクとは?

 

赤ら顔にメイクは良くないと考える方も
いらっしゃいますが、皮膚が激しく炎症して
いなければ、そうとは限りません。

 

赤ら顔は、皮膚が炎症をおこしていたリ
血管が広がることで皮膚に血液が皮膚の上に透きでて
しまったりしていることが原因なんです。

 

それらは、メンタルの要因も
絡んでいる可能性があります。

 

美しくなると、自分に自信が持てるようになるので
メイクは女性にとっては重要なものです。

 

自身がもてなくてうつむきがちに日々を過ごすことで
かえってストレスになり、ますます赤ら顔に
なってしまうかもしれません。

 

しかし、負担をかけると悪化させる原因になるので
コツをつかんで、厚化粧をしなくても赤ら顔を
うまく隠すようなメイク方法を身につけましょう。

 

 

赤ら顔はただ塗るだけでは隠せない

 

白くしたいからといって白いファンデーションを塗ると
白では赤みが隠せないので、どんどん塗ることに
なってしまい、肌に負担がかかってしまいます。

 

また、クビとの色が大きく異なってしまうため
非常に不自然な顔になってしまいます。

 

赤ら顔にオススメなのは、ベースメイクに
緑系のものをとりいれることです。

 

人肌に近いベースメイクに、緑とは意外に
思うかもしれませんが、実は多くのメーカーから
緑系のベースメイクが出ています。

 

これは、人の肌の見え方というものを
うまく活用した方法なんです。

 

赤に緑を重ねた光は、人の目に入ってきたときには
黄色として認識されます。

 

だから、赤みの強い色の肌に、緑に近いメイクを
かぶせることで、ほどよい人肌に近づくのです。

 

ファンデーション、化粧下地などもありますが
使いやすいのはコントロールカラーと呼ばれる
クリームです。

 

肌の色の見え方を調整できるように
作られているものなので、上からファンデーションを
塗ることで、自然に見えるようになります。

 

 

コントロールカラーの選び方や使い方は?

 

基本的に、化粧下地→コントロールカラー
→ファンデーションの順につけます。

 

化粧下地を塗った方が、コントロールカラーの色が
しっかり出るのですが、最近ではコントロールカラーに
下地効果があるものもあるので、メーカーに準じて
いくようにしましょう。

 

一口に緑といっても、メーカーごとに細かい色合いも
成分も違うので、自分の肌色や肌質にあったものを
選ぶことが大事です。

 

使う時には、赤みの目立つ頬などから中心に
広げるように塗っていきましょう。

 

少しでも十分効果を発揮するので、
塗り過ぎには注意しましょう。

 

隠そう、隠そうと意識して、つい塗り重ねてしまいますが
ファンデーションも、コントロールカラーを
薄く伸ばした上に、さらっと塗るだけで十分です。

 

部分的に赤みが強いのなら、そこだけコンシーラーを使って
部分的に塗る世にすれば、顔全体に負担がかかることも
なくなると思います。

 

 

白漢しろ彩
page top